So-net無料ブログ作成

  
美しい朝 』 好評発売中! 
   
お勧めは、「私は犬になりたい \490 アルバムバージョン

 


=~ コンサートへの お出かけのご予約に ご利用下さい。 ~=

 

 

沖縄 慰霊の日に 「平和のいのり」 [その他 音楽 まつわり事]

沖縄で太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」、
戦後64年目を迎えました。

いろいろな式典行事があったのですが、

「こんな青い空に 戦争、涙は似合わない」

と平和の詩を朗読した比屋根君は、
「おばあちゃんや亡くなった人のことを思い浮かべながら、
大変だったねと声をかけるつもりで読みました。
世界の戦争をしている国々に平和の祈りが届いてほしい」
と話しましたが、素直な気持ちで平和の祈りを読んでみて
ほしいと思います。

さだまさしさんの『美しい朝』にはそんな想いも込められて
いますね。

 

■平和のいのり

南城市立大里北小学校
6年
比屋根憲太


石に刻まれた家族の名に
涙を落とす祖母
なんの形見も残っていない石に
声にならない声で
石をさすり
石をだきしめる
小さな声でとても小さな声で
「本当は話したくないサー」
少し首をかしげて
空を見上げる
人さし指の大きさの大きな傷
あごと左腕に残る
戦争の傷あと

祖母は傷の手当てをするために
水くみに行った
防空ごうに姉を残し 母と二人で
そのあとすごい光と音が…
そのまま姉はもどらなかった
「いっしょに連れて行けばよかった」
「ごめんね ごめんね」
と何度も何度も
きたときよりも
石を強くさすり
石を強くだきしめる
ぼくはもう声を上げて泣いていた
そして祖母の背中をずっとさすった
こんな青い空に
こんなおだやかな沖縄に
戦争は似合わない
祖母のくしゃくしゃな涙も
似合わない

そんな祖母はもう今は歩くことが
できない
毎日毎日空を見て
きっと
生きている喜び
生き残った悲しみを感じて
いるのだろう
ぼくは車イスをおして
祖母のいのりを引きつぐ
戦争のない平和な国を


平成21年6月23日 沖縄

 


↓ 《メール便なら送料無料》さだまさし / 美しい朝

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人気ブログランキングへ応援ひと押し お願いしますm(^。^)m


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

よろしければ、応援 一押しお願いしますm(^。^)m
人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。